大学生にとっての生命線

この話は、私自身が大学生時代に経験したことからお話します。

一人暮らしをしている大学生は非常にお金に困ることが多いです。家賃・光熱費・食費・通信費・学費だけでも仕送りや奨学金だけではカバー仕切れません。そこで、多くの学生はシフト制のアルバイトをしながら、不足する生活費の補填や友人たちとの交際費、帰省時の交通費を捻出します。

しかし、アルバイトにも法律による時間制限や税金の問題、そして学業へ支障が無いように働くしかありません。それでもアルバイト代は月8万円程度と余裕はないです。たまに学生ローンも利用していました。親に内緒で借りられるし学生向けに低金利になっていますしね。帰省の時などにはまとまった交通費が必要になりますので、私は主に交通費として借入していました。学生の方でお金に困っていたらココ(*´Д`)
あとは、、学生時代に金欠時に行った方法として、シフト制のアルバイト以外に日雇いのバイトを行いました。しかも、深夜の日雇いバイトは意外に楽で、日当も1万円位になります。オススメなのがスーパーや酒屋などの棚卸しバイトです。短時間で高収入、そして廃棄品もタダで貰えたりと金欠時には非常に助かります。4時間ほどで1万円の給料は非常に魅力的な部分があり、月に2~3回もこなせば生活に余裕が生まれます。
特にこれらのバイトは、大学の友人がアルバイトをしている店で臨時的に募集したりするので、友人同士で日雇いバイトの情報交換が行われます。これにより、大学生はかなり家計が助かります。

また、大学生に金欠対策としては友人と鍋や焼き肉を家でしたりします。みんなで食材を持ち寄ったり、割り勘で購入したりすると食費が格段に安くなります。私自身は、週に2~3回は友人たちと夕食パーティーをしていました。また、大学4年生の際は研究室に所属するため、就寝と風呂以外は研究室で生活していたものです。研究室自体に宴会用に購入した食材が余っていたりして、みんなで食費を削減していました。

また、スーパーやレストランでバイトしている先輩などは廃棄品を持ってきて調理したりと、様々な方法で大学生時代の金欠を乗り越えました。日々の積み重ねや日雇いバイトは大学生にとって生命線だと思います。

高価買取をしてくれる業者を探しておく

1.フリーマーケットで売る

楽しみながら不要になった衣類を売る方法としては、フリーマーケットがあります。
買取価格はあまり期待できませんが、お小遣い程度のお金が稼げて衣類も処分できるなら「お得」と感じる人も多いのではないでしょうか。
申し込みをしたり商品をそろえたりと準備は少々大変ですが、他にも売りたいものがあるのなら試してみるとよいでしょう。

2.ネットオークションで売る

自宅にいながら衣類を売れるのが、ネットオークションです。
ブランドものの衣類でも安く手に入れられるので、人気が高く利用者が多いのが嬉しいところですよね。
ネットオークションなら自分の希望する金額で衣類を売ることが可能です。
ただし売れなければいつまでも衣類を手元に置いておかなければなりませんし、相手との取引や宅配の手配を面倒に感じる人にはおすすめできません。

3.無料回収業者を利用する

衣類を無料で回収してくれる業者があります。
無料回収業者なら、リサイクルショップやフリーマーケットでは買い手がつかないような状態の衣類でも、確実に回収してもらえます。
「あとから料金が発生するのでは?」と不安に思う人もいるようですが、良心的な業者を選べばそのような心配はありません。
地域によっては有料ゴミ袋に入れて衣類を捨てなければなりませんので、それを考えると無料の方がお得ですよね。

4.リサイクルショップに売る

一番手軽なのは、リサイクルショップに持ち込んで売るという方法です。
不要な衣類が大量にあってお店に持ち込むのが大変な場合は、出張サービスを利用して自宅まで取りに来てもらうこともできます。
ただしリサイクルショップの場合は季節によっては買い取ってもらえないものもありますし、買取金額が低めなのがデメリット。
しかし手続きも必要なくその場で査定して買取してもらえるので、「すぐに現金にしたい」という人にはおすすめです。

5.宅配買取で売る

宅配買取サイトに申し込んで衣類を売ると、リサイクルショップよりも高値がつきやすいのが特徴です。
「指定のブランドものしか買い取ってもらえない」というイメージが強いようですが、最近はノーブランドの衣類でも買取しているサイトが増えてきていますので、ぜひチェックしてみてください。
ネットで申し込みをして衣類を段ボールに入れて送ると、見積もり結果が届きます。
その金額で納得がいけば現金が振り込まれるというシステムになっていますが、申し込みから査定まで少々時間がかかるのがデメリットでしょう。
「時間がかかってもいいので少しでも高く売りたい」という人は、試してみてください。ちなみに、最近私が気に入って利用しているリンカンっていう買取業者があるんだけど、そこもネットでの申し込みで簡単に査定に出すことができて、しかも高価買取が期待できるんです。実際、ルブタンを買取してもらったのですが、ほとんど履いてなかったっていうのもあるかもしれないけれど予想以上の査定額にびっくりして、すぐに買い取ってもらいました(笑)

サイト参考に⇒クリスチャンルブタンの高価買取店|靴・財布などを高く売りたい

こうやってちょっとでもいい価格で買い取ってもらえるところを見つけておくと便利だと思いますよ。

 

 

キャッシングをした理由は、固定資産税が払えないから・・・

私が初めて消費者金融を利用した時は、税金や保険の支払いが重なってまとまったお金が必要となり、貯金では固定資産税分が足りなかったので、固定資産税が払えないから借金をして支払いをしました。⇒固定資産税払えない

あまり軽く新たなキャッシング審査を申込んだ場合には、認められるはずの、難しくないキャッシング審査も、融資不可とされるケースだって否定できませんから、申込は注意が必要です。
実はキャッシングの利用の申込の際は、違いがないようでも他の業者よりも金利が低いとか、無利息で利子がいらない期間まであるとかないとか、多様なキャッシングの特徴っていうのは、キャッシング会社の方針によって大きな差があるのです。
ホームページからのWeb契約は、操作もとっても簡単で使い勝手がいいものではありますが、キャッシングに関する申込は、どうしてもお金が関係するわけですから、その内容にミスがあった場合、本来通過すべき審査で落とされるということになる確率だって、0%ではないのです。
融資の利率が高いこともあります。そういった大切な項目は、しっかりとキャッシング会社ごとのメリットやデメリットを徹底的に調査・把握したうえで、自分の状況に合ったプランのある会社で即日融資してもらえるキャッシングを受けていただくのがきっといいと思います。
多くある中からどのキャッシング会社に、新規キャッシングのための手続きをするって決めても、そのキャッシング会社で即日キャッシングで融資してくれる、最終時刻もじっくりと把握してから新規キャッシングの申し込みをする必要があるのです。

勘違いかもしれませんが当日振込だから即日キャッシングっていうのは、実際に必須の審査があるとはいうものの書類の内容や不備がないかだけで申込んできた利用希望者のことを的確に調査したり裁定したりしていないに違いないなど、正しくない考えなのではありませんか。
キャッシングの申し込みを考えているなら、前もっての比較が絶対に必要になります。最終的にキャッシングでの申込を依頼するときには、利子についても事前に把握してからにするほうがいいでしょう。
肝心なところは、資金の借入れ理由は制限されず、借金の際の担保や万一のための保証人などが一切いらないんだけれどお金を貸してもらえるのは、キャッシングと呼ばれていてもローンでも、何にも違わないと思っていてもいいんです。
即日キャッシングとは、本当に申込当日に、キャッシングで決まった資金の入金をしてくれますが、必要な審査に通過したと同じタイミングで、あなたの口座にお金が振り込まれるなんてことじゃないところが一般的です。
融資のうち銀行利用分は、最近よく聞く総量規制の対象外なので、カードローンで融資を受けるなら、なるべく銀行がいいと考えられます。借金の上限として、本人の年収の3分の1以上は、銀行以外からは借りることをしてはいけないという規制であり、これが注目の総量規制というわけです。

住宅を購入した際のローンや自動車の購入などの際のローンなどのローンとは違い、カードローンは、融資を受ける理由やその用途は限定されないのです。このようなわけで、一旦借りて後からの積み増しをしてもいいなど、何点か他のローンにはない利点があるので比較してみてください。
金融機関等の正確なキャッシングとかローンといった気になる融資商品についての最新の情報を持っていただいて、不安や不信感とか、甘い判断が関係して起きるいろんな問題が発生しないように備えるべきです。ちゃんと勉強しておかないと、損失を被ることだってあるのです。
金融に関するウェブサイトに集約されたデータを、十分に利用すれば、便利な即日融資をしてくれる消費者金融業者(いわゆるサラリーマン金融)を、そこからあっという間に調べて、どの会社で融資を受けるのかを決めるのも、できますから一度試してください。
申込のあったキャッシングについて、会社やお店などにキャッシング会社から電話をされてしまうのは、防ぐことはできません。この電話というのは在籍確認と呼ばれているもので、先に提出済みの申込書に記載した会社などに、偽りなく勤続しているのかどうか確認する方法として、あなたの勤め先に電話を使って確かめているというわけなのです。
素早い審査で人気の即日融資にしてほしいという際には、すぐにPCを使って、あるいは、スマートフォンまたは従来型の携帯電話のほうがスピーディーに処理できます。それぞれのカードローンの会社のウェブサイトで申し込むわけです。

 

アルバイトは始めた時が一番大変

アルバイトをいくつかしてわかったことなのですが、共通することは始めた時が一番大変ということです。
仕事内容もよくわかっていませんし、頑張ってやっても周りの足を引っ張ってしまうことも多々あります。

しかもベテランの人よりも同じことをしていても疲れてしまいます。しかも時給はスタートの金額です。
アルバイトすぐにやめてしまう人がいますが、こういう背景もあるからだと思います。

慣れてくることによって同じ時間でもやれることが増えてくるので、コツみたいなものも掴めてきます。
がむしゃらにやらなくても同じクオリティの仕事でできるようになるので、言葉は悪いですが、楽になります。

雇ってくれているお店からしてみれば、その人がどのくらい頑張っているのかもまあ大切ですが、その人がどのくらいの仕事をやってくれているのかの方が大切です。

お金を払ってくれるのは、やってくれている会社なので、その会社がいいと思うように働くことが役に立つということです。
そこに働いている人の疲労度は関係ありません。

しかもそれなり仕事ができるようになれば時給も上げてもらえたりします。これも疲労度とは関係ありません。
つまり、もらえるお金が低くて、かなり疲れて、仕事量も低いのがアルバイトを始めた時です。

この辛い時期を乗り越えてしまえばあとはどんどんいい方向に転がっていくので、すぐにやめてしまうのはもったいないことです。

辛いことも多いでしょうが、今より辛いことはないんだという思いで仕事に取り組めは、アルバイトを続けることが出来ると思います。